スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近視とはどういう状態?

近視とは、下の図のように眼の内に入ってきた光が網膜より手前で焦点を合わせてしまい、網膜でピントが合わない状態を言います。

近視

ピントが合わない原因は大きく分けて2種類あります。
一つ目は「屈折性近視」と言って角膜や水晶体の屈折力が大きすぎる場合、2つ目は「軸性近視」と言って目の屈折力はほぼ正常で,眼軸が普通より長い場合をいいます。大部分の近視はこの軸性近視です。

遠くの物はぼやけて見えますが、近くの物ははっきりと見えるというのが近視の特徴でメガネまたはコンタクトレンズを装着することで遠くの物をハッキリ見えるように合わせることができるようになります 。
度数のゆるいうちは回復することもありますが、ある程度進みますと一生メガネやコンタクトレンズとつきあっていくことになるので注意しましょう。

近視の進行には角膜や水晶体、眼球の長さなど眼のいろいろな部分の変化が関係していると考えられています。
特に、近視の進行に最も大きく影響しているのは眼軸長の伸びだと言われているようです。

体が成長していくとともに眼球も成長するために、主に学童期には眼軸長も長くなっていきます。
眼軸長の伸びは10歳代までが著しく、大半は20歳代半ばになると止まると言われています。

また、読書やコンピューター、テレビゲームや近くを見る仕事や作業を長時間続けていると、眼内の調節筋が常に働いて、近くにピントを合わせる状態を作りつづけることになってしまうのです。
この状態が続くと、屈折する力が強くなり網膜より前に焦点が合うようになってきてしまい、遠くのものがぼやけてしまいはっきりと見えなくなってくるのです。


ではこれ以上目を悪くしないためにはどうしたら良いか?

○ テレビは出来るだけ離れて見て下さい。
○ テレビゲームやパソコンは、1時間すると10分程度休憩をとって下さい。
(出来れば、遠くの景色を見て目をやすめましょう。)
○ 読書をするときは明るくして読みましょう。
○ 姿勢を正しくして下さい。
○ 自分に合ったメガネやコンタクトを使用する。
○ 老眼鏡を掛けたまま動き回らないようにして下さい。
(極端に度の進行を早めますので、読書・近業作業のみでご使用下さい)
○ ビタミンAを含む食品を多くとって下さい。
(バター・卵・ニンジン・チーズ・バナナ・レバー・緑黄野菜 etc)
○ 変形したメガネや傷のあるメガネは度数が変化しますので、直してもらって下さ い。

これらを守ることで今以上の視力の悪化を防ぐことができます。
今一度自分の生活を見直して目の環境を改善しましょう。


私がレーシックをしたクリニックです、症例数も多く1番安心安全なクリニックでした




にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まるる

Author:まるる
信頼できるレーシックで50人以上の視力を回復させました。
レーシックを受けて本当に視力が回復したのでみなさんにも知ってもらいたいです。

カウンター
応援ボタン
ピンホールで視力を回復する
オススメ
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。