スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予約から手術までの流れ

それではレーシックを受けるにあたって実際にどのような流れで進んでいくのかをお話していこうと思います。

実際に私が受けた流れですので施設によっては少し違いがあるかもしれませんのでその辺はご了承くださいね。

1.予約

レーシックを受けようと思ったらまず予約です。
基本的に予約をしないと受け付けてもらえないので、自分のスケジュールを見て事前に予約をしておきましょう。
電話とホームページから予約ができます、私は直接伝えたかったので電話で予約をとりました。

そして、レーシックに関してのわからない疑問もついでに色々と教えてもらいました、みなさんも直接電話してレーシックやその施設に関する疑問を解消しておくのがいいですよ。

2.検査

受付で手続きを済ませてからレーシックを受ける前の検査をします。
この時施設はきちんと清掃されているか、スタッフは礼儀正しいかなどをチェックしておいてください。

検査はレーシックを安全・安心に受けるために必須です、しっかり検査してもらいましょう。
ちなみに3時間くらいみっちり色々な検査をしますので、前もってトイレにいくのがオススメです。

検査は角膜の形や厚さ、細胞、眼圧、視力、屈折率など色々でした。
レーシックを受ける前に簡易検査を無料でしてもらえるので、遠慮なく受ける受けないは別としてチェックしたもらいましょう。
この時質問も受け付けてくれるのでわからないことを質問できます。

3.カウンセリング

検査データを元に角膜の形状や厚さ等、眼の状態を診察し、手術を受けることができるか医師が診断してくれます。
とてもやさしい先生だったのでとても安心できた記憶があります。

4.手術

だいたい20分以内で手術は終わったと思います。
詳しい手術の内容はまた後で載せますのでお待ちくださいね。
手術が終わったら休憩室でしばらく休んで異常が無ければ帰宅します。

この時コンタクトやメガネをしてはいけないので、誰か付き添いの方と帰るのがいいですよ。
ゴロゴロとした違和感はありますがしばらくするとなくなりました。

5.次の日

感動
朝起きたときはもう本当に感動しました!
遠くのものがはっきりくっきり見えるんです、本当にレーシックをして良かった~って思える瞬間ですね。

6.術後検査

手術後は翌日・1週間後・3ヶ月後に定期検診があります。
術後はまだ角膜の抵抗力が普段より弱いので、しっかりと術後の検査をしてくれるので安心です。

内容としては視力の確認やフラップの状態、炎症等が起こっていないかを確認したり、目の硬さを測る検査、機械で近視や遠視・乱視を測る検査を行います。
3ヵ月後に何もなければ成功と言っていいと思いますよ。


これが一連の流れとなります。
特に怖い印象も無く、安心・安全に手術を受けることができましたよ。


にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まるる

Author:まるる
信頼できるレーシックで50人以上の視力を回復させました。
レーシックを受けて本当に視力が回復したのでみなさんにも知ってもらいたいです。

カウンター
応援ボタン
ピンホールで視力を回復する
オススメ
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。