スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンタクトレンズの危険性について

近年コンタクトレンズは、多くの人々に使用されている視力矯正法となっています。
しかし長期間のの使用で慣れが生じてしまい、取り扱いが煩雑になってしまっているケースや誤った使い方をしているケースも多々あり、コンタクトレンズによる眼の障害が数多く報告されているのです。

日本眼科医会のアンケートによると、1年間に約150万件ものコンタクトレンズによる眼障害が起こっていると推測されているんだそうですよ。
コンタクトレンズは大変便利なものですが、たくさんの危険性も持ち合わせています。
目の健康への理解を深めて安全な生活を目指しましょう。

あなたはどのコンタクトレンズを使用していますか?
ソフトコンタクトは酸素の透過性がハードと比べて少ないことをご存知ですか?
酸素が不足すると角膜内皮細胞が死滅してしまうのです。
一旦死滅してしまうとその細胞は再生ができなくなります、つまり回復しないということです。

レンズの性能以上に長時間(期間)連続装用をしてしまうということはかなり危険なことです。
また、カラーコンタクトはソフトコンタクトより更に酸素の透過性が低いのでとても注意が必要です。

ハードコンタクトなら安心と思わないでください、やはり長時間(期間)の連続装用は目にかかる負担も大きいですし、きちんと洗浄していない場合は感染症の危険性が出てきてしまいます。

メガネやコンタクトを使っている皆さんは、毎日ちょっとした煩わしさを感ますよね。
例えば、眼鏡の場合はマスクをつけた時やラーメンなど熱い料理を食べている時などではメガネが曇ってしまったり、長時間の装着で鼻柱が痛くなったり、スポーツをする時に邪魔でプレーに集中できなかったり、頭痛や肩こりに悩まされたり・・・。
コンタクトレンズの場合、アレルギーで使用ができなかったり、眼の障害になってしまったり、眼の痛みなどに悩んでおられる人は本当に大勢いらっしゃいます。

レーシックを受けるとたった数分程で、眼鏡やコンタクトなどの煩わしさから開放され、快適な裸眼生活を送れますので、是非レーシックオススメしますよ。

このような方は要注意!

○ コンタクトレンズに多少の傷や汚れがあっても使用している
○ 面倒だから十分な洗浄をあまりしていない
○ いつもドライアイが酷い
○ 寝る時もはずさずに装用している
○ 多少痛くても、無理して装用している
○ 正しい使用法を理解せずになんとなく使用し続けている
○ 使い捨てレンズを再使用している

上記の項目に1つでも当てはまるならコンタクトの使用を控えたほうが良いですね。
コンタクトレンズを気軽に使用している方や誤った使い方をしている方は「失明する危険性がある」ことを十分理解して下さい。
しかも自覚症状なく進行しているケースがたくさんありますので危険とは常に隣り合わせなのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まるる

Author:まるる
信頼できるレーシックで50人以上の視力を回復させました。
レーシックを受けて本当に視力が回復したのでみなさんにも知ってもらいたいです。

カウンター
応援ボタン
ピンホールで視力を回復する
オススメ
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。