スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシックの安全性と効果

現在のレーシック手術は長期にわたりかなりの安全性が保証されています

アメリカではレーシックの症例数が年間100万件と言われており、レーシックの評価試験では長期的な効果と安全性が認められています。
さらに視力喪失や著しい視力低下にいたる症例がないという結果が出てることからも安全性の高さがうかがわれますね。

レーシックに対して失明を心配される方が日本にはまだまだ多くいると思いますが、レーシックは角膜の表面にだけ施す手術であり、目の内部に触れることはありません。
つまりは論理上において、失明の可能性は0(ゼロ)に等しいと言えるのです。
レーシックは、安全性のきわめて高い手術なので、安心して受けに行くことができるというわけです。

アメリカでは1995年にFDA(米国食品医薬品局)がエキシマレーザーを使用した視力矯正術を認可し、日本でも2000年に厚生労働省が安全性を確認し、認可されています。
それ以降、全世界で年間数百万件手術が行われておりますが、現在まで失明の報告は1例もありません。

また再手術率が1%未満と大変少なく、ほとんどの方が安定した良い結果が出ています。
万が一再手術が必要になっても、保障制度を設けているところがほとんどなので、保障期間内であれば再手術が受けられるようです。


ではレーシックで、視力回復はどの程度まで期待できるのでしょうか

個人差があるので、一概にこのあたりまでとは言えないのですが、一般的には0.5~1.5ぐらいまでは視力を回復する場合が多いようです。
日常生活に支障のないレベル、つまりは裸眼で運転免許証が取得できるくらいのレベルまで回復すると思っていて間違いはないようですね。

どのぐらいまでレーシックで視力矯正できるかと言うのは、手術前の適性検査で大体解る
ようになっているので、手術前に自分はどこまで視力を上げたいか、と言うのを医師に伝えると良いでしょう。

私が紹介した方たちも大体1.0~1.5くらいまで回復したそうです。
現在私を含めて全員後遺症も無く大変充実した生活を送れています、レーシックはみなさんが思っているほど危険な手術ではないことを理解してくださいね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まるる

Author:まるる
信頼できるレーシックで50人以上の視力を回復させました。
レーシックを受けて本当に視力が回復したのでみなさんにも知ってもらいたいです。

カウンター
応援ボタン
ピンホールで視力を回復する
オススメ
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。