スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険適用の給付金や医療費控除で安くする

レーシック手術を受けるとまとまったお金が必要になるわけですが、実は保険適用の給付金や医療費控除でその費用を安くすることができるんです。

今回はその保険適用の給付金や医療費控除を考えていきましょう。


その1.生命保険を利用する

レーシック手術は手術給付金の対象です

多くの生命保険、医療保険ではレーシック手術が給付金の対象となっているんです。

給付金の対象、金額等は加入している保険の種類や契約内容によって異なりますので、直接保険会社にお問い合わせ下さい。

お問い合わせの際は、正式な手術名称『エキシマレーザー角膜屈折矯正手術』と伝えれば大丈夫ですよ。

また、保険会社へ手術給付金の請求をする場合、医師の診断書が必要になります。

保険会社で給付金申請用の診断書フォームを用意している場合は、その書類をお取り寄せ下さい。

保険会社専用の診断書フォームが無い場合は各レーシックを受ける施設でご用意致してもらえます。


その2.医療費控除を利用する

レーシック手術は税金の還付が受けられます

1月~12月までの間にご本人または、ご家族(税法での「生計を一にする親族」)が支払った医療費が10万円を超える場合は、確定申告をすれば税金の還付が受けられます。

どの施設でも手術料金の領収書を発行していますので大切に保管し、確定申告の際にご提出してください。

詳しくはお住まいの地域税務署にお問い合わせしてみて下さい。



レーシックは長い目で見るとかなりお得な視力回復方法ではありますが、やはり安くはありません。

うまく生命保険や医療費控除を利用して少しでも安くすませましょう!


私がレーシックをしたクリニックです、症例数も多く1番安心安全なクリニックでした




にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

(参照サイト:http://www.shinagawa-lasik.com/cost/#menu_insurance)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まるる

Author:まるる
信頼できるレーシックで50人以上の視力を回復させました。
レーシックを受けて本当に視力が回復したのでみなさんにも知ってもらいたいです。

カウンター
応援ボタン
ピンホールで視力を回復する
オススメ
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。