スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシックって何をするの?

レーシック(Lasik)とは、レーザー(エキシマレーザー)を使用して、眼の角膜を薄く削り、屈折力を調整して視力を回復させる手術です。
英語表記だと Laser in Situ Keratomileusis「レーザーを角膜に照射し、修正する」という意味の頭文字を取った略語になりますね。

アメリカでのレーシックの症例数は、年間130万件以上にのぼります。
日本では2000年1月厚生労働省(旧:厚生省)に、エキシマレーザーの安全性が認められてからメガネやコンタクトレンズに代わる第3の視力矯正方法として、今大きく注目を浴びております。
近年、芸能人やスポーツ選手など著名人が続々とレーシックを受けている影響もあり、日本でも年間約45万件のレーシックが行われていますね。

では角膜と言ってもそれが一体どの部分なのかがわからないのでまずは眼球の仕組みを理解してみましょう。

眼の構造

この黒目の部分を覆っているのが角膜で、そこにレーザーを使用してふた(フラップ)を作って開き、屈折を矯正するレーザー(エキシマレーザー)をあてて、屈折力を変化させて視力を回復させるのです。

近視の方や遠視の方、乱視の方も治療することができますよ。
手術時間も数分程で終わるので入院する必要もなく、そのまますぐに帰宅できるので、気軽に手術を受けることができるのですね。

次にレーシックはどのような人にオススメなのか見てみましょう。

 1.近視・遠視・乱視でお悩みの方
 2.裸眼で快適な生活を送りたい方
 3.メガネやコンタクトレンズが煩わしいと思っている方
 4.左右の視力差が激しい方
 5.ドライアイやアレルギーが酷くてコンタクトをするのが困難な方
 6.激しいスポーツをする方
 7.出かける際、メガネやコンタクト分の荷物を減らしたい方
 8.近視や乱視の度数が強い方
 9.仕事や美容上の理由で、メガネやコンタクトを使用したくない方
10.メガネやコンタクトが原因の肩こり・頭痛・眼精疲労にお悩みの方

様々な悩みを抱えている人も多いとは思いますが、レーシックを受けることでこのような方々のQOLが大きく向上していきます。
きっとあなたの生活も大きく変化していくはずなのでしっかり理解しておきましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まるる

Author:まるる
信頼できるレーシックで50人以上の視力を回復させました。
レーシックを受けて本当に視力が回復したのでみなさんにも知ってもらいたいです。

カウンター
応援ボタン
ピンホールで視力を回復する
オススメ
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。