スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視力を回復させるピンホールメガネ

視力を回復させることができるアイテムの中でピンホールアイマスクというものがあるのをご存知ですか?

文字通り、近視など目の諸症状克服のため、目に当てる小さな穴が開いているマスクです。わかりやすく言うと目隠しマスクに、ポツポツといくつか中央部に小さな穴が開いているものですね。

どうして目にマスクをするのが近視回復のためになるのか。
実際にその構造を見てみましょう。

ピンホール
『壮快』(2013年2月号)41ページより

通常、光は眼の毛様体筋によって、水晶体から屈折して集められ、眼の奥で像を作る(ピントを合わせる)のですが、毛様体筋がきちんと働かないと、うまく屈折ができずに正常に像を作れません(近視や老眼)。

それが、ピンホールアイマスクをかけると、ピンホールによって目に入ってくる光がすでに集められているので、毛様体筋がうまく働かなくても像を結ぶ(ピントを合わせる)ことができる、ということのなのですね。


『壮快』の中川和宏氏によると、視力回復マスクを使うと裸眼でも不思議なくらいよく見えます。
その「見える」ということを脳に認識させることが、視力回復には重要です。

脳が見えることを学習することによって、しだいに視力がアップしてくるのです。
しかも、こうして視力を回復させることは、衰えかけた脳の機能も高めてくれます。
つまり、視力回復マスクによるトレーニングは、脳の活性トレーニングでもあるのです。


実際に私もピンホールアイマスクを使用したことがあります。
視力は0.1以下なのですがピンホールアイマスクを使用することで、確かに裸眼でも周囲がはっきりと見えるようになったことを覚えています。
今はレーシックによって視力が回復したため必要ありませんが、持っていて損はしないアイテムであると言えますね。

このようなアイマスクです>>ピンホールアイマスクのメガネタイプ






にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まるる

Author:まるる
信頼できるレーシックで50人以上の視力を回復させました。
レーシックを受けて本当に視力が回復したのでみなさんにも知ってもらいたいです。

カウンター
応援ボタン
ピンホールで視力を回復する
オススメ
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。