スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱視とはどういう状態か

乱視とは一般的に、角膜と水晶体のゆがみによって引き起こされます。
光を屈折させるこれらの部分に歪みがあると、縦方向や横方向の屈折率が異なってしまい、網膜に焦点が合わず遠くも近くもぼやけてしまうのです。

乱視


年齢が若く、軽度の場合には自覚症状はありませんが、乱視の度が強い場合や、軽度でも年を重ねると、遠くも近くも見にくいという視力障害がおきてしまいます。
また、片方の目で見ても1つのものが2つに見える単眼複視や、眼精疲労がおこることもあります。

実は誰でも多少の乱視はあるんですよ。
正常な眼でも、角膜や水晶体は完璧な球体ではなく、楕円形になっているため、上下左右に多少の歪みが出るのはよくあることです。
しかし、極度にゆがみが出る場合は、眼鏡やレーシックなどによる矯正や治療が必要になります。

乱視は、近くも遠くもぼやけて見にくくなるため、必要以上に見ようと目を酷使して、眼精疲労になりがちです。最近、目の疲れ、肩こりなどがひどいと感じる場合は、乱視を疑ってみる必要もあります。


自分の目に乱視があるかどうか、簡単セルフチェックしてみませんか。
まず、下の放射線のイラスト「簡易乱視表」をすこし離れたところから見て、それぞれの線がある方向に太く、あるいは細く見えたり、濃かったり、かすんで見えないか、よく注意して見てください。


             簡易乱視表
乱視チェック1


たとえば、下記のように横方向の線が太く、縦方向がかすんで見えませんか?
乱視チェック2


たとえば、下記のように縦方向の線が太く、横方向がかすんで見えませんか?
乱視チェック3


線が均一に見えない場合や濃淡がある場合、乱視の可能性があります。
眼科などで精密な検査を受けて、レーシックで視力を回復することをおすすめします。


私がレーシックをしたクリニックです、症例数も多く1番安心安全なクリニックでした




にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まるる

Author:まるる
信頼できるレーシックで50人以上の視力を回復させました。
レーシックを受けて本当に視力が回復したのでみなさんにも知ってもらいたいです。

カウンター
応援ボタン
ピンホールで視力を回復する
オススメ
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。