スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシック体験記: レーシックを受けて1週間

今回は手術を受けてから1週間検診を受けるまでの生活などを載せていきます。

手術を受けて眼が安定するまでは注意事項をきちんと守らなければならないので大変でしたが、おかげで今でもしっかりと周りの景色が見えますので頑張ったかいがありましたよ。

とりあえず手術の翌日の感動が今でも思い出に残っています。

今まで裸眼だと周りがぼやけて生活することが困難だったのに、かなりはっきり見えるようになっていましたね。

でも光など眩しいものを見るとまわりが白くにじむハローと言われる現象はしばらく続きました。

あらかじめこの現象については先生から聞かされていたので心配はしていませんでしたが、やっぱりなるのですね…

日常生活ではそこまで支障はきたさなかったので良かったです。

そして視力の回復具合なのですが、私の場合は右目が左目と比べて回復が遅いと言うか視力が少し悪かったみたいです。

両目ともに同じように回復するものだと思っていたのですが、どうやら違っていたみたいですね。

これはおそらく先生の腕?によるものが大きいのかな?

(後の検査では 右目は1.2 左目は1.5 でした)

左右の視力にずれがあったので最初は違和感がありましたが、今では特に不自由なく暮らしておりますよ。



施設では手術を受けた後に1週間検診というものがあります。

どのような検診だったかと言いますと

視力の確認やフラップの状態、炎症等が起こっていないかを確認したり、目の硬さを測る検査、機械で近視や遠視・乱視を測る検査を行います。

私の場合は特に大きな問題は無く、視力の回復具合もきにするほどのものではなかったので大成功でしたね。

やはりレーシックの症例数が多いところで受けると先生の腕も良いのがわかります。

一生に一度のことですから、レーシックを受ける前に色々なところを調べて本当に良かったと思いましたよ。


こちらの施設は症例数も多く先生も優しいのでオススメですよ>>品川近視クリニック


きっと納得できるレーシックを受けることができると思います。



こちらが私がレーシックをしたクリニックです、症例数も多く1番安心安全なクリニックでした






にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ
スポンサーサイト

レーシック体験記: レーシック後の注意事項

レーシックを受けてやれやれと思っていましたが、実は手術の後こそ最も気をつけなければならないことをご存知ですか?

レーシック手術ではクリニックやドクター、看護師さんが細心の注意をはらって衛生面や手術をおこなってくれます。

しかしながらその後1週間くらいは私達自身が気をつけて生活しないと、感染症や不具合が生じてくるので気をつけないといけないのですよ。

そこで今回は手術が終わってから眼が安定するまでに気をつけなければならない注意事項を載せていこうと思います。

メイク

女性なら毎日メイクをしますがレーシックを受けたら、アイメイクは最低でも術後1週間は控えましょう。
1週間は眼が不安定で傷つきやすい状態なのです。
眼のまわり以外のメイクは翌日からしても良いのですが、なるべく薄めかしないほうが無難ですね。

仕事

仕事は翌日検診後から可能です。
ただし、野外でのハードなお仕事とかは2~3日後から可能なので職場に確認を取っておきましょう。
また、夜間は見えにくくなる場合もありますので、 夜間の見え方が安定するまで車の運転は控えたほうが良いです。

ハロー・グレア

夜間に光がにじんで見えたり、まぶしく感じたりする症状のことで、夜間は見えにくくなる場合もありますので、見え方が安定するまでは目薬を頻回に点眼して車の運転は控えて下さい。

サングラス

手術直後のフラップは不安定な状態なので、帰宅時や外出時など、風にあたると眼が乾燥し、瞬きをした際にフラップにしわがよることがあります。
そのため、翌日検診を受診されるまでは、保護用サングラスを必ず着用しておくことが大切です。

眼帯
就寝時など無意識に眼を擦ることによって、フラップがずれることがあります。
そのため、手術後1週間は、就寝時に必ず保護用眼帯を装着して眠るようにしなければなりません。

お酒

お酒を普段飲んでいる人は最低でも3日間は禁酒しましょう。
術後の回復が遅れる可能性があります。


このように術後1週間は色々と気をつけないといけないのですが、それが終わるとメガネやコンタクトのいらない素晴らしい世界が始まります。

是非みなさんも景色がくっきり見えるこの感動を味わってください。


こちらの施設は症例数も多く先生も優しいのでオススメですよ>>品川近視クリニック


きっと納得できるレーシックを受けることができると思います。


こちらが私がレーシックをしたクリニックです、症例数も多く1番安心安全なクリニックでした





にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

レーシック体験記: レーシック手術の流れ

それでは事前検査や説明を終えて、いよいよ手術の流れに入ります。
時間としては10~20分くらいで終わりますので意外に早かったですよ。


1.まず手術用の服を着て処置室で眼の洗浄・消毒をおこない、そのあと点眼麻酔をします。
  そして数分後麻酔が効いてきてから手術室にて手術が開始されます。

2.手術台に仰向けで横たわり、まぶたが動かないよう眼を専用の器具で固定します。
  この時顔が動かないよう指示されます。

3.丸いリングの金具のようなもので眼球を圧迫して、マイクロケラトームで角膜の表面からフラップ
  を削り取ります。
  眼が押されているので変な圧迫感はありますが数秒で終わりますよ。
  フラップをめくられると目の前がボヤーってしていたことを覚えています。

4.そしていよいよ眼にレーザーが照射されます。
  照射中は目の前にある赤い光をじっと見つめているだけで特に大きな痛みとかは無かったです
  ね。
  時間的には数十秒なので我慢とかストレスも感じませんでした。

5.照射が終わるとフラップが戻されて、きれいに洗浄して消毒されて片目は終了。
  その後もう片方の眼も同じ手順を繰り返して終了です。

6.保護メガネをつけて休憩室で30分ほど休んでから家に帰ります。
  しばらくは眼がしみるような感覚がありましたが、じきにおさまりますよ。
  帰る時目はある程度見えるのですが、誰かと一緒に帰るのが良いと思います。

7.次の日朝に目が覚めて周りを見るとびっくりします。
  今までぼやけていた視界がはっきりくっきり見えるので非常に驚きました!


以上がレーシック手術の一連の流れです。

手術中は看護師さんや先生が温かく話しかけてくれるので緊張とかはありませんでしたね。

むしろ安心して手術を受けることができたので本当に感謝しています。

こちらの施設は症例数も多く先生も優しいのでオススメですよ>>品川近視クリニック


きっと納得できるレーシックを受けることができると思います。


私がレーシックをしたクリニックです、症例数も多く1番安心安全なクリニックでした




にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

レーシック体験記: レーシックの検査

今回は私が実際にレーシックを受けるにあたって事前に受けた検査について載せていきます。

施術をする前に行なう検査は健康診断みたいに流れ作業で進んでいくのですが、検査の数が結構たくさんあったので驚きましたね。

検査は

視力検査
乱視検査
角膜の厚さを測る検査
角膜のカーブの度合いを測る検
眼底検査
水晶体や網膜の検査
ドクターによる診断

に分かれています。

健康診断でおなじみの C の穴が開いているのはどの向きかとか気球の絵を見て焦点がずれるのを見たりするもの。

目に空気を当てるものなどから専門的な検査まで様々です。

これらの検査を十分にしてから施術が行なわれるので成功率の高いレーシックを安全に施術できるのですね。

最後にドクターによる診断があるのですが、ここで心配なことや疑問に思っていることが聞けるのでもし聞きたいことがあったら遠慮無しに質問しましょう。

私はこのときとばかりに質問をたくさんしてしまいました、あのときの先生ごめんなさい、そしてありがとうございます。

おかげさまで今でもはっきりくっきり見えていますよ。

質問した内容は安全性やどこまで視力が回復するのか、また視力が落ちるのかなどです。

もしレーシックを受けるのなら納得いくまで質問をして安全を確認してから受けることが大切だと思いますよ。

こちらの施設は症例数も多く先生も優しいのでオススメですよ>>>>品川近視クリニック


きっと納得できるレーシックを受けることができると思いますよ。


私がレーシックをしたクリニックです、症例数も多く1番安心安全なクリニックでした




にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

レーシック体験記: レーシック前の注意事項

今回は私が実際にレーシックを受けたときの事前注意事項や先生に教えてもらったことを載せていきます。

レーシックというのは10分ほどで終わりますが、やはり手術になるので色々として良いこと悪いことに注意しないとダメなようですね。

私は当時使い捨てのソフトコンタクトレンズを使用していたのですが、手術1~2週間前から使用を禁止されました。

なのでレーシックを受ける予定の人はメガネの用意をしておくほうが良いですね。

もちろん当日もコンタクトは使用したらダメですよ。


そして冬場は特に気をつけないといけないことは、静電気を発生しやすい服装は避けてほしいそうです。

なぜなら静電気を帯びていると手術中に金属が近づいた時に放電してしまうからです。

帽子やフードのある服もダメなのは脱ぐときに静電気を帯びるからですね。


また、衣服の繊維(ウール、ファー)や香水・オーデコロン・整髪料・制汗スプレー等はレーザーが不安定になる恐れがあるから使用しないようにと言われました。

メイクに関しても当日はすっぴんが基本です。

化粧水や乳液、ファンデーションなど目に入る危険性があるものは全ておとしておかないとダメだそうですよ。


話を聞いていると手術を短時間で安全安心におこなう為にあらゆる危険性を排除しておきたいのだそう。

やはり症例数が多いクリニックは違いますよね^^

これくらい神経質に考えてくれたので私は安心してレーシックを受けることができたんです。


そういえば手術室は寒くて乾燥していたんですが、これは細菌対策と機械の維持のためと言っていましたね。


次によくある質問と回答を少し載せておきます。

失明について質問したところ、今までかなりのレーシックをしたけど失明したということは1例もないのだそうです。

また、患者が大きく動いても緊急停止があるので失敗はないらしいですね。

時間が経つと視力が落ちることはあるのかという質問では、一部の患者さんにはそういう人もいるのだそう。

でも再度レーシックを受けることで、また視力は回復するみたいですね。

感染に関しては患者さんの毎日の生活によって変わってくるので、術後数日間はなるべく清潔にするよう心掛けてほしいそうですよ。


やはりレーシックを受けるなら症例数が多いクリニックが一番安心ですね>>品川近視クリニック


きっと納得できるレーシックを受けることができると思いますよ。


私がレーシックをしたクリニックです、症例数も多く1番安心安全なクリニックでした




にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

保険適用の給付金や医療費控除で安くする

レーシック手術を受けるとまとまったお金が必要になるわけですが、実は保険適用の給付金や医療費控除でその費用を安くすることができるんです。

今回はその保険適用の給付金や医療費控除を考えていきましょう。


その1.生命保険を利用する

レーシック手術は手術給付金の対象です

多くの生命保険、医療保険ではレーシック手術が給付金の対象となっているんです。

給付金の対象、金額等は加入している保険の種類や契約内容によって異なりますので、直接保険会社にお問い合わせ下さい。

お問い合わせの際は、正式な手術名称『エキシマレーザー角膜屈折矯正手術』と伝えれば大丈夫ですよ。

また、保険会社へ手術給付金の請求をする場合、医師の診断書が必要になります。

保険会社で給付金申請用の診断書フォームを用意している場合は、その書類をお取り寄せ下さい。

保険会社専用の診断書フォームが無い場合は各レーシックを受ける施設でご用意致してもらえます。


その2.医療費控除を利用する

レーシック手術は税金の還付が受けられます

1月~12月までの間にご本人または、ご家族(税法での「生計を一にする親族」)が支払った医療費が10万円を超える場合は、確定申告をすれば税金の還付が受けられます。

どの施設でも手術料金の領収書を発行していますので大切に保管し、確定申告の際にご提出してください。

詳しくはお住まいの地域税務署にお問い合わせしてみて下さい。



レーシックは長い目で見るとかなりお得な視力回復方法ではありますが、やはり安くはありません。

うまく生命保険や医療費控除を利用して少しでも安くすませましょう!


私がレーシックをしたクリニックです、症例数も多く1番安心安全なクリニックでした




にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

(参照サイト:http://www.shinagawa-lasik.com/cost/#menu_insurance)
プロフィール

まるる

Author:まるる
信頼できるレーシックで50人以上の視力を回復させました。
レーシックを受けて本当に視力が回復したのでみなさんにも知ってもらいたいです。

カウンター
応援ボタン
ピンホールで視力を回復する
オススメ
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。