スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシックはこんなに経済的

今回はレーシックを受けることでどれだけ経済的に軽くなるのかを考えていきます。

「レーシックって高いからまだ施術したくないなぁ」・・・そう思ってはいませんか?

確かにコンタクトをたまにしか使わないのであれば、コンタクトの方がはるかに安く済みます。

しかし計算してみると、長い目で考えて実はレーシックの方がとーってもお得なのですよ。
以下のグラフをご覧ください。

コンタクトとの比較画像

例えば、1Dayのコンタクトレンズ(1ヶ月分5,100円)を20年間使い続けると
その金額はなんと 1,224,000円!

レーシックを受けた場合と比べると、その差なんと964,000円もういてきます!!

100万円近くもあれば、その分欲しいあの商品が買えるわけなんですよ。

これだけあれば新車の軽四も買えるし、趣味に使えますよね。

コンタクトとの比較画像2

さらに、今現在加入されている生命保険や医療保険によっては、レーシックが手術給付金の対象となっている場合があるので一度確認してみてください。

もしかしたらさらに格安でレーシックを受けることができるかもしれませんよ。

また、レーシックを受けると経済的だけでなく、コンタクトを買うときの定期検査やその手入れの煩わしさ、眼障害になるリスクから解放されます!

スポーツをする時には邪魔にならなくなるし、災害時にはメガネやコンタクトを慌てて探す必要もありません。

レーシックは経済的にも精神的にもたくさんメリットがありますね。

快適な生活を送るためにも、是非早めの施術をお勧めいたします。

どれだけレーシックがお得なのかを見たい方はコチラをご覧ください→品川近視クリニック


きっと納得できるレーシックを受けることができると思いますよ。


私がレーシックをしたクリニックです、症例数も多く1番安心安全なクリニックでした




にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

(参照サイト:http://www.shinagawa-lasik.com/contact/contact_money.html)
スポンサーサイト

レーシックの後遺症は大丈夫?

今回はレーシックを受けるにあたって安全性など後遺症は本当に大丈夫なのかを考えていきます。

まず一番怖いとされる失明の危険性についてですが、レーシックは角膜の表面を薄く削る手術なので眼球の内部には影響ありません。

つまりは失明の心配はないということです。

アメリカでは1995年にFDA(米国食品医薬品局)がエキシマレーザーを使用した視力矯正術を認可し、日本でも2000年に厚生労働省が安全性を確認し、認可されています。

それ以降、全世界で年間数百万件手術が行われておりますが、現在まで失明の報告は1例もないのだそうです。

次に手術の後遺症ですが、施術直後は眼にゴロゴロした感じや乾くといった症状を感じる事があります。

また暗い所では明るい所にくらべて多少の見えにくさを感じることがありますが、時間の経過とともに改善します。

どんな手術でも終わってすぐに完全な人はいないということですね、私は徐々に元に戻っていきましたよ。

そして手術で気になる危険性に感染症がありますが、レーシックでの感染の危険性は極めて低く、施術室は空気清浄度を保つために細かい粒子を捕集する高性能フィルターを用いて除塵、除菌を行っているんです。

感染性の危険性は家に帰ってからの私生活の方が気を付けないといけないと言われました。

術後数日は汚く過ごしたり眼をこすらないように注意してたら何もありませんでしたよ。

あと長期の安全性についてですが、世界各国のドクターにより様々な検証や臨床試験が行われ、レーシックでの長期安全性については問題ないと報告されています。

その安全性と効果から世界中で数百万人の患者様がこの手術を受けてられており、すでに術後10年以上経過した方も多くいるので安心してレーシックを受けることができました。

実際自分もレーシックを受けてみて思ったことは信頼できる施設で受けることが大切だと思いました。

私が受けたところはこちらです >>品川近視クリニック


手術も早いですし術後のフォローも素晴らしかったです!一度お話を聞きに行かれても良いと思いますよ。


私がレーシックをしたクリニックです、症例数も多く1番安心安全なクリニックでした




にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

ドライアイやPC作業が続くと視力が低下する

ドライアイとは、涙の乾きなど涙の異常により、目の表面の健康が損なわれる疾患です。

ドライアイは、大きく2つに分類することができます。

1つは、涙の量そのものがが減ってしまう「量的な異常」で、もう1つは、涙の性質や涙を保持する性能が劣化する「質的な異常」です。

「量的な異常」というのは、涙の量そのものが少ない状態です。

涙の量が少なければ必然的に目は乾きやすくなりますのでドライアイになりやすいのです。

「質的な異常」とは、涙の成分の異常、例えば、つまり脂質やムチンと呼ばれるタンパク質成分が少ない、角結膜上皮に問題がある、などの原因により涙は分泌されていても涙が目の表面に留ることができず、すぐに乾いてしまうという状態です。

涙が出ても目に留まる時間が少なければ必然的にドライアイになりやすいのです。

そして、ドライアイの状態が長期間続くと、涙に含まれている水分量の不足や性質の劣化から、眼球そのものが傷つきやすくなってきます。

私達は生活するうえで無意識に瞬きをおこなっていますね。

これは外部から異物が目に入ってくることを防いだり、乾燥を防ぐ為に行われています。

しかしながら目が乾燥した状態下においては、自分の目を守るための瞬きが逆に目を傷つけることになってしまい、結果として視力の低下を招いてしまうことつながるのです。

特にコンタクト使用者は、瞬きによって目を傷つけやすくなるので注意が必要です。

また長時間PC作業を続けるとまばたきの回数が減ってしまうのでこちらもドライアイになりやすく危険です。

目の潤いを保っているのが涙ですが、その涙の分泌量が減少してくるドライアイの人は潤いが無くなった分だけ視力の衰えが起こってきます。

涙の分泌量を保ったり、質をよくしたりすることは、目の老化を視力の低下を防ぐうえで大切なポイントです。

ではどのようにしてこのドライアイを改善すれば良いのでしょうか?

答えは予防的改善と対処的改善に分かれます。

予防的改善はコンタクトレンズの装用を控えること、目に傷がつきやすい状態がなくなればドライアイが防ぎやすくなります。

またパソコン作業を長時間するときは必ず間に休憩をすること、目を酷使すると目の機能が衰えるのは当然です、目を閉じて背伸びするなりして休憩しましょう。

対処的改善は涙の代わりになるものを補充すること、つまり目薬を使用すればドライアイはある程度防げます。

しかし普通の目薬を使用しても効果はあまり期待できないですよ。

涙の成分に近いものであり、しかもすぐに流れてしまわない目薬を選ばなければなりません。

現在いくつか市販されておりますが、効果が期待できるのは限られているようです。

こちらの目薬は成分も留まる時間も長いのでドライアイが心配な方は持っているほうが良いでしょう。

ドライアイ専用目薬


コンタクトをしていても使用できるのでこれは重宝する目薬ですね。

視力は一度悪くなるとなかなか回復ができないので、できる限りの予防策を実行しておくことが大切です。


私がレーシックをしたクリニックです、症例数も多く1番安心安全なクリニックでした




にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

眼に良いとされるサプリメント

目に良いとされるのはブルーベリーなどに含まれるアントシアニンと言われています。

アントシアニンとは、ブルーベリーやナス、紫いもなどに含まれるポリフェノールの一種で、青紫色の天然色素です。
植物が紫外線からその実を守るために蓄える成分ですが、古くから目の働きを高める効果や眼精疲労を予防する効果があることで知られていて、現在ではサプリメントなどに多く利用されています。

特に薄暗いところで見えにくい方の視力回復に期待できるそうです。

薄暗い所で目の網膜に写る像に関与するロドプシンという色素にアントシアニンが作用し、 情報を脳に伝えやすくする働きがあります。 

視力回復の即効性が期待できますが、効果を実感するためには飲み続ける必要があるようですね。

目や体の疲れがそのまま視力低下につながる人にとっても、アントシアニンを摂取することで視力も回復するのです。


また視力を回復する栄養素としてルテインが有名ですね。

これは強力な抗酸化作用をもっていますが、老化が進むことによりルテインが減り、目にさま ざまな老化現象を引き起こし視力がだんだん低下していきます。

白内障や緑内障、飛蚊症などがあげられますが、ルテインを摂取することで症状の改善につながり視力回復に効果がでるのだそうです。

白内障・緑内障などが原因で視力低下した方が、ルテインを摂取することにより白内障の症状が軽減し、手術せずに回復した方もいらっしゃるようですよ。


最近では様々な視力回復のサプリメントが多く販売されていますが、このようなアントシアニンやルテインが多く含まれているサプリメントを選ぶのが視力回復の近道です。

「ブルベリー何個分あります!」「眼に良い成分がたっぷり入っています!」なんて宣伝しているものをよく見かけますが、成分表を見る限り信用ができない商品が多いのが現状ですね。

これら栄養素を考慮して判断すると購入できる視力回復サプリメントは限られてきます。

たくさんあるサプリメントを比較検討した結果、下記のサプリメントのみ有効性があると判断できたので簡単に紹介しておきます。


>>北国アロニア
これは成分表を見ていただくとわかるように、含まれるアントシアニンの量がかなり多いのが特徴です。

毎日パソコンを使用している方や夜に運転する機会が多い方、遠くを見ると目がかすんだり細かい字を見ると目が疲れる方には特に飲むべきサプリメントと言えます。


>>北の国から届いたブルーベリー
これは眼に良いとされているメグスリノキのエキスやルテイン、DHAなど様々な視力回復に効果のある成分が配合されているサプリメントです。

コストパフォーマンスが非常に良く視力回復サプリメントの中ではずば抜けて評価の高いサプリメントと言えますね。


アントシアニン成分が非常に多く視力回復に効果が期待できるサプリメント




眼に良いとされる成分がふんだんに配合された高パフォーマンスサプリメント





にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ
プロフィール

まるる

Author:まるる
信頼できるレーシックで50人以上の視力を回復させました。
レーシックを受けて本当に視力が回復したのでみなさんにも知ってもらいたいです。

カウンター
応援ボタン
ピンホールで視力を回復する
オススメ
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。