スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近視とはどういう状態?

近視とは、下の図のように眼の内に入ってきた光が網膜より手前で焦点を合わせてしまい、網膜でピントが合わない状態を言います。

近視

ピントが合わない原因は大きく分けて2種類あります。
一つ目は「屈折性近視」と言って角膜や水晶体の屈折力が大きすぎる場合、2つ目は「軸性近視」と言って目の屈折力はほぼ正常で,眼軸が普通より長い場合をいいます。大部分の近視はこの軸性近視です。

遠くの物はぼやけて見えますが、近くの物ははっきりと見えるというのが近視の特徴でメガネまたはコンタクトレンズを装着することで遠くの物をハッキリ見えるように合わせることができるようになります 。
度数のゆるいうちは回復することもありますが、ある程度進みますと一生メガネやコンタクトレンズとつきあっていくことになるので注意しましょう。

近視の進行には角膜や水晶体、眼球の長さなど眼のいろいろな部分の変化が関係していると考えられています。
特に、近視の進行に最も大きく影響しているのは眼軸長の伸びだと言われているようです。

体が成長していくとともに眼球も成長するために、主に学童期には眼軸長も長くなっていきます。
眼軸長の伸びは10歳代までが著しく、大半は20歳代半ばになると止まると言われています。

また、読書やコンピューター、テレビゲームや近くを見る仕事や作業を長時間続けていると、眼内の調節筋が常に働いて、近くにピントを合わせる状態を作りつづけることになってしまうのです。
この状態が続くと、屈折する力が強くなり網膜より前に焦点が合うようになってきてしまい、遠くのものがぼやけてしまいはっきりと見えなくなってくるのです。


ではこれ以上目を悪くしないためにはどうしたら良いか?

○ テレビは出来るだけ離れて見て下さい。
○ テレビゲームやパソコンは、1時間すると10分程度休憩をとって下さい。
(出来れば、遠くの景色を見て目をやすめましょう。)
○ 読書をするときは明るくして読みましょう。
○ 姿勢を正しくして下さい。
○ 自分に合ったメガネやコンタクトを使用する。
○ 老眼鏡を掛けたまま動き回らないようにして下さい。
(極端に度の進行を早めますので、読書・近業作業のみでご使用下さい)
○ ビタミンAを含む食品を多くとって下さい。
(バター・卵・ニンジン・チーズ・バナナ・レバー・緑黄野菜 etc)
○ 変形したメガネや傷のあるメガネは度数が変化しますので、直してもらって下さ い。

これらを守ることで今以上の視力の悪化を防ぐことができます。
今一度自分の生活を見直して目の環境を改善しましょう。


私がレーシックをしたクリニックです、症例数も多く1番安心安全なクリニックでした




にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ
スポンサーサイト

レーシック一番人気のクリニック

レーシックを受けるにあたってあなたは何を指標にして選びますか?

雰囲気やフィーリングで選ぶのも一つの指標ではありますが、なるべく一番安心であり安全な施設で受けることが良いですよね。

この項目ではレーシックを受けるにあたって何をポイントに選べば良いかをお話します。


Point 1 日本眼科学会が認定した眼科専門医がいるか

日本眼科学会の定めるガイドラインでは、レーシック治療は日本眼科学会が認める眼に関する全般的な知識を持った“日本眼科学会認定専門医”が行う事とされています。
なぜなら視力に影響を及ぼすのは、近視だけでなく眼疾患が見つかった場合でも適切なアドバイスや処置が必要になることがあるからです。

私が受けたレーシッククリニックは提携クリニックを含め全国で100人以上の眼科専門医が勤務しており、日本国内ではもちろんのこと、世界でもトップクラスです。

Point 2 最高の設備と最新の機器があるか

レーシックは比較的最近始まった手術ではありますが、医療の進歩はめまぐるしく進んでいます。
常に最新機器を取り揃え、少しでも安心・安全な医療を提供できるよう努力している施設を選ぶことが大切ですね。

Point 3 十分な検査をしているか

レーシック手術を行うにはまず手術可能かどうか、綿密な適応検査を行う必要があります。
この検査は手術の適応・不適応の判断だけでなく、患者の眼の状態を詳しく調べられるのです。

人の眼は常に一定の条件であるとは限りませんので、綿密な検査を行い、その検査結果をもとに矯正量を決定し、正確で安全な手術を行なう必要があるのです。

Point 4 感染症対策はされているか

レーシック手術をすると角膜の抵抗力が通常に比べ低下するので、感染症対策がきちんとなされている施設を選ぶ必要があります。
レーシックにおける後遺症で感染症は比較的多い病気です、「手術を行う部屋は空気を浄化するクリーンルームで行っている」・「患者に触れる手袋などは使い捨てを使用している」・「使用機器や器具をきちんと滅菌している」などの感染症対策を徹底的に取り組んでいる施設を選ぶ必要があるのです。

Point 5 症例数

いかに専門医が多く在籍していて、最新機器が使用さていて、清潔意識が十分でも肝心の症例数が少なければ成功確率はそれほど高いとは言えないです。
十分な実績をこなしている経験豊富な施設を選ぶことで、より安全な手術を受けることができるのです。

Point 6 患者の言葉に耳を傾けてくれるか

私たちにとってレーシックはいくら事前に調べていてもやはり素人程度の知識しかありません。
料金のことや手術のこと、その他不安なことなど知らないことが多々あるものです。
そんな私たちの疑問や不安をきちんと聞いてくれて、的確にかつ親切に答えを出してくれるところは良い施設であるところが多いようです。
ダメな施設は話を適当に済ませたり、レーシックを受けると言わないとちゃんと答えてくれなかったりと私たちをお金として見ているところがあるようです。


自分たちの体をあずける施設なのでしっかりと選んで安心してレーシックを受なければなりません。

私がレーシックを受けた施設は、提携クリニックを含め全国で100人以上の眼科専門医が勤務しており、世界最大規模の屈折矯正施設です。最新機器も導入してしっかり事前検査をしてくれました。
部屋はとても綺麗で、症例数はなんと110万症例以上もあり世界トップクラス!本当に安心して手術をうけることができました。

予約から手術までの流れ

それではレーシックを受けるにあたって実際にどのような流れで進んでいくのかをお話していこうと思います。

実際に私が受けた流れですので施設によっては少し違いがあるかもしれませんのでその辺はご了承くださいね。

1.予約

レーシックを受けようと思ったらまず予約です。
基本的に予約をしないと受け付けてもらえないので、自分のスケジュールを見て事前に予約をしておきましょう。
電話とホームページから予約ができます、私は直接伝えたかったので電話で予約をとりました。

そして、レーシックに関してのわからない疑問もついでに色々と教えてもらいました、みなさんも直接電話してレーシックやその施設に関する疑問を解消しておくのがいいですよ。

2.検査

受付で手続きを済ませてからレーシックを受ける前の検査をします。
この時施設はきちんと清掃されているか、スタッフは礼儀正しいかなどをチェックしておいてください。

検査はレーシックを安全・安心に受けるために必須です、しっかり検査してもらいましょう。
ちなみに3時間くらいみっちり色々な検査をしますので、前もってトイレにいくのがオススメです。

検査は角膜の形や厚さ、細胞、眼圧、視力、屈折率など色々でした。
レーシックを受ける前に簡易検査を無料でしてもらえるので、遠慮なく受ける受けないは別としてチェックしたもらいましょう。
この時質問も受け付けてくれるのでわからないことを質問できます。

3.カウンセリング

検査データを元に角膜の形状や厚さ等、眼の状態を診察し、手術を受けることができるか医師が診断してくれます。
とてもやさしい先生だったのでとても安心できた記憶があります。

4.手術

だいたい20分以内で手術は終わったと思います。
詳しい手術の内容はまた後で載せますのでお待ちくださいね。
手術が終わったら休憩室でしばらく休んで異常が無ければ帰宅します。

この時コンタクトやメガネをしてはいけないので、誰か付き添いの方と帰るのがいいですよ。
ゴロゴロとした違和感はありますがしばらくするとなくなりました。

5.次の日

感動
朝起きたときはもう本当に感動しました!
遠くのものがはっきりくっきり見えるんです、本当にレーシックをして良かった~って思える瞬間ですね。

6.術後検査

手術後は翌日・1週間後・3ヶ月後に定期検診があります。
術後はまだ角膜の抵抗力が普段より弱いので、しっかりと術後の検査をしてくれるので安心です。

内容としては視力の確認やフラップの状態、炎症等が起こっていないかを確認したり、目の硬さを測る検査、機械で近視や遠視・乱視を測る検査を行います。
3ヵ月後に何もなければ成功と言っていいと思いますよ。


これが一連の流れとなります。
特に怖い印象も無く、安心・安全に手術を受けることができましたよ。


にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

レーシック手術で失敗しないポイント

レーシック手術を失敗しないためにはどうしたら良いでしょう?

私は最初レーシックを受けるにあたり、ただ単に視力が回復することができるすばらしいものだという認識しか持ち合わせていませんでした。
実際にレーシック手術を受けようとした時にレーシックのことも知らないし、失敗する確率だってあることを知りゾッとしたことがあります。

今回はレーシック手術で失敗しないためには何を知り何を調べておくと良いのかを覚えていきましょう。

○ まず知っておきたいことは基本であるレーシックとは何をする手術なのか?です。

レーシックを簡単に説明すると角膜の表面をめくり、レーザー光を当てて角膜を削った後、めくった表面を元に戻すことで光の屈折を矯正し、視力を回復させるものです。
通常30分程度、短い例では10分ほどで終了し、ほとんどの場合翌日から視力が回復する画期的な手術です。

もともとは海外で始まり、日本では2000年に厚生省が手術機器を承認しました。
有名スポーツ選手らが受けたことなどから話題になり、広く世間に知れわたりましたね。


○ 次にレーシックを受けるには年齢制限があるということ。

一般的に20歳未満の方は視力がまだ安定していないため手術を受けることができません。
また、40歳代以上の場合は近視や乱視以外の目の状態も考える必要がありますね。
例えば、すでに老眼になっていると言う方の場合は、その老眼を治すことはできません。
また、代表的な視力矯正手術であるレーシックという手術以外の方法をとることも考える必要があるかもしれません。

さらに、60歳以上ですでに白内障が存在しているときには、保険適応の白内障手術をして近視も治すこともできるので詳しく調べることをオススメします。


○ 角膜の厚さは重要なポイントのひとつです。

レーシック手術とは角膜の表面をめくり、レーザー光を当てて角膜を削った後、めくった表面を元に戻すことで光の屈折を矯正し、視力を回復させるものでしたね。
その角膜の厚さにゆとりがない人の場合は、治療が受けられなかったり、治療後の裸眼視力をあまりよく上げられない場合があります。
わかりやすく言うと、角膜の中央部の厚さを測定し、角膜の形状保持に最低限必要な厚さを、手術後に400ミクロン残せるかどうかが基準となっています。

角膜の厚さの薄い人がレーザー照射によって、400ミクロンより薄くなると、手術後に円錐角膜の発症を招くため、避けなければならないのです。


年齢や角膜の状態は施設によって詳しく調べてくれるところとそうでないところがあるようなので、まず説明会に参加してきちんと入念な検査や説明を専門の医師がしてくれるところを選ぶのが良いです。
私は全部で5件の施設を回りそれぞれの説明を受けました、そして一番効率が良くかつ親切で症例数が多いところを選ぶことでレーシックを安全に受けることができたんです。

みなさんもレーシックを受けるときは納得するまで医師と相談して最も相性が良いところを選びましょうね。

レーシックでかかる費用

日本でレーシックを受けようと思っても、現在は数多くのレーシッククリニックが存在しています。

各施設で専門医の数も違うし、手術の流れも違うし、持っている機器も違うし、さらには価格も違ってきます。

ではどこの施設でレーシックを受けるのが一番コストパフォーマンスが良いのでしょうか?

今回は各施設のレーシック手術価格を比較することで一番良いと判断できる施設とその価格を考えていきたいと思います。

レーシック施設価格比較表
レーシック

各施設の一般的なレーシック手術の価格をまとめるとこのようになります。

どこも同じような価格に見えますが品川近視クリニックがコストパフォーマンスに優れていることがわかりますね。

私はレーシックを受ける施設を決定するためにいくつかの施設を回ってきたんです。

各施設にはレーシック説明会や簡易検査を実施しているので、一体どのような環境でどのような手術をしてくれるのかを知ることができます。

いくつか訪問をした結果、私がレーシック手術を受けようと判断したところは「品川近視クリニック」でした。

理由はまずコストパフォーマンスが非常に良いこと、そして専門医の能力も非常に高く症例数が多いこと、スタッフのサービスも良く部屋も綺麗であったことが私の決意を固めたと言えますね。

交通費も出してくれるし、分割で支払いもできるし、サービスとしては十分だったんです。

他の施設も良かったのですがコストパフォーマンスを考えるとやはり決定打にかけました。

みなさんもレーシックを受けるなら、まずは自分で各施設を回って自分に一番合った施設を探すところからはじめることをオススメします。

ポイントはコストパフォーマンスと症例数・専門医を中心に判断ですよ。

コンタクトレンズの危険性について

近年コンタクトレンズは、多くの人々に使用されている視力矯正法となっています。
しかし長期間のの使用で慣れが生じてしまい、取り扱いが煩雑になってしまっているケースや誤った使い方をしているケースも多々あり、コンタクトレンズによる眼の障害が数多く報告されているのです。

日本眼科医会のアンケートによると、1年間に約150万件ものコンタクトレンズによる眼障害が起こっていると推測されているんだそうですよ。
コンタクトレンズは大変便利なものですが、たくさんの危険性も持ち合わせています。
目の健康への理解を深めて安全な生活を目指しましょう。

あなたはどのコンタクトレンズを使用していますか?
ソフトコンタクトは酸素の透過性がハードと比べて少ないことをご存知ですか?
酸素が不足すると角膜内皮細胞が死滅してしまうのです。
一旦死滅してしまうとその細胞は再生ができなくなります、つまり回復しないということです。

レンズの性能以上に長時間(期間)連続装用をしてしまうということはかなり危険なことです。
また、カラーコンタクトはソフトコンタクトより更に酸素の透過性が低いのでとても注意が必要です。

ハードコンタクトなら安心と思わないでください、やはり長時間(期間)の連続装用は目にかかる負担も大きいですし、きちんと洗浄していない場合は感染症の危険性が出てきてしまいます。

メガネやコンタクトを使っている皆さんは、毎日ちょっとした煩わしさを感ますよね。
例えば、眼鏡の場合はマスクをつけた時やラーメンなど熱い料理を食べている時などではメガネが曇ってしまったり、長時間の装着で鼻柱が痛くなったり、スポーツをする時に邪魔でプレーに集中できなかったり、頭痛や肩こりに悩まされたり・・・。
コンタクトレンズの場合、アレルギーで使用ができなかったり、眼の障害になってしまったり、眼の痛みなどに悩んでおられる人は本当に大勢いらっしゃいます。

レーシックを受けるとたった数分程で、眼鏡やコンタクトなどの煩わしさから開放され、快適な裸眼生活を送れますので、是非レーシックオススメしますよ。

このような方は要注意!

○ コンタクトレンズに多少の傷や汚れがあっても使用している
○ 面倒だから十分な洗浄をあまりしていない
○ いつもドライアイが酷い
○ 寝る時もはずさずに装用している
○ 多少痛くても、無理して装用している
○ 正しい使用法を理解せずになんとなく使用し続けている
○ 使い捨てレンズを再使用している

上記の項目に1つでも当てはまるならコンタクトの使用を控えたほうが良いですね。
コンタクトレンズを気軽に使用している方や誤った使い方をしている方は「失明する危険性がある」ことを十分理解して下さい。
しかも自覚症状なく進行しているケースがたくさんありますので危険とは常に隣り合わせなのです。

レーシックの安全性と効果

現在のレーシック手術は長期にわたりかなりの安全性が保証されています

アメリカではレーシックの症例数が年間100万件と言われており、レーシックの評価試験では長期的な効果と安全性が認められています。
さらに視力喪失や著しい視力低下にいたる症例がないという結果が出てることからも安全性の高さがうかがわれますね。

レーシックに対して失明を心配される方が日本にはまだまだ多くいると思いますが、レーシックは角膜の表面にだけ施す手術であり、目の内部に触れることはありません。
つまりは論理上において、失明の可能性は0(ゼロ)に等しいと言えるのです。
レーシックは、安全性のきわめて高い手術なので、安心して受けに行くことができるというわけです。

アメリカでは1995年にFDA(米国食品医薬品局)がエキシマレーザーを使用した視力矯正術を認可し、日本でも2000年に厚生労働省が安全性を確認し、認可されています。
それ以降、全世界で年間数百万件手術が行われておりますが、現在まで失明の報告は1例もありません。

また再手術率が1%未満と大変少なく、ほとんどの方が安定した良い結果が出ています。
万が一再手術が必要になっても、保障制度を設けているところがほとんどなので、保障期間内であれば再手術が受けられるようです。


ではレーシックで、視力回復はどの程度まで期待できるのでしょうか

個人差があるので、一概にこのあたりまでとは言えないのですが、一般的には0.5~1.5ぐらいまでは視力を回復する場合が多いようです。
日常生活に支障のないレベル、つまりは裸眼で運転免許証が取得できるくらいのレベルまで回復すると思っていて間違いはないようですね。

どのぐらいまでレーシックで視力矯正できるかと言うのは、手術前の適性検査で大体解る
ようになっているので、手術前に自分はどこまで視力を上げたいか、と言うのを医師に伝えると良いでしょう。

私が紹介した方たちも大体1.0~1.5くらいまで回復したそうです。
現在私を含めて全員後遺症も無く大変充実した生活を送れています、レーシックはみなさんが思っているほど危険な手術ではないことを理解してくださいね。

レーシックって何をするの?

レーシック(Lasik)とは、レーザー(エキシマレーザー)を使用して、眼の角膜を薄く削り、屈折力を調整して視力を回復させる手術です。
英語表記だと Laser in Situ Keratomileusis「レーザーを角膜に照射し、修正する」という意味の頭文字を取った略語になりますね。

アメリカでのレーシックの症例数は、年間130万件以上にのぼります。
日本では2000年1月厚生労働省(旧:厚生省)に、エキシマレーザーの安全性が認められてからメガネやコンタクトレンズに代わる第3の視力矯正方法として、今大きく注目を浴びております。
近年、芸能人やスポーツ選手など著名人が続々とレーシックを受けている影響もあり、日本でも年間約45万件のレーシックが行われていますね。

では角膜と言ってもそれが一体どの部分なのかがわからないのでまずは眼球の仕組みを理解してみましょう。

眼の構造

この黒目の部分を覆っているのが角膜で、そこにレーザーを使用してふた(フラップ)を作って開き、屈折を矯正するレーザー(エキシマレーザー)をあてて、屈折力を変化させて視力を回復させるのです。

近視の方や遠視の方、乱視の方も治療することができますよ。
手術時間も数分程で終わるので入院する必要もなく、そのまますぐに帰宅できるので、気軽に手術を受けることができるのですね。

次にレーシックはどのような人にオススメなのか見てみましょう。

 1.近視・遠視・乱視でお悩みの方
 2.裸眼で快適な生活を送りたい方
 3.メガネやコンタクトレンズが煩わしいと思っている方
 4.左右の視力差が激しい方
 5.ドライアイやアレルギーが酷くてコンタクトをするのが困難な方
 6.激しいスポーツをする方
 7.出かける際、メガネやコンタクト分の荷物を減らしたい方
 8.近視や乱視の度数が強い方
 9.仕事や美容上の理由で、メガネやコンタクトを使用したくない方
10.メガネやコンタクトが原因の肩こり・頭痛・眼精疲労にお悩みの方

様々な悩みを抱えている人も多いとは思いますが、レーシックを受けることでこのような方々のQOLが大きく向上していきます。
きっとあなたの生活も大きく変化していくはずなのでしっかり理解しておきましょう。

レーシックで私の視力が回復しました!

みなさんはじめまして

このブログは私がレーシックを受けるにあたってレーシックというものが一体何なのか

本当に効果があるのかを調べて調べて調べつくしてから施術を受けた軌跡のブログです


十分に調べた結果、レーシックは受けるクリニックによってそれぞれ値段がバラバラで

信頼度も値段も、医師の熟練度も有意な差があることがわかりました


私はきちんと調べて一番信頼度の高い施設で、一番コストパフォーマンスが高いと判断

できるクリニックでレーシック施術を受けることで見事に視力を回復させることができたんです

現在の視力は 右1.5 左1.2 とコンタクトレンズを付けていた時と同じくらいの

視力まで回復をすることが出来ました

もちろん今でも何の後遺症も無く安全に生活ができています


何も考えず信頼度の低いクリニックに行ってしまうと残りの人生を台無しにしてしまいますよ

よくあるレーシック難民といわれる人達ですね

眩しくてずっとサングラスをしていないと生活できなかったり、目の前をずっと蚊が飛んで

いるような状態になったり、感染症にかかってしまったり…挙げたらきりが無いです

原因は何だったのか?

簡単なことです

きちんとレーシックのことを調べず、信頼のおけるクリニックに行かなかったからなんです

では何をポイントにして調べていけば良いのかは、この後に私が受けた施術の体験を交えながら

じっくりとそしてしっかりと間違いがないように載せていこうと思います


私は信頼のおけるクリニックで施術して安全に視力を回復することに成功しました

今では私の勧めで視力を回復した人が50人を超えています

みなさん何の後遺症も無く、ありがたいことに「人生が変わった!」と本当に喜んでくれました


このブログに私が持っている知識や施術体験を載せていきますので、しっかりと熟知して

安心・安全に視力を回復させてください

メガネやコンタクトレンズから開放され、きっとあなたの人生が変わりますよ

私の喜びを是非あなたにも体験していただき、ともに分かち合いましょうね
プロフィール

まるる

Author:まるる
信頼できるレーシックで50人以上の視力を回復させました。
レーシックを受けて本当に視力が回復したのでみなさんにも知ってもらいたいです。

カウンター
応援ボタン
ピンホールで視力を回復する
オススメ
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。